ムダ毛を処理する

現在の医療脱毛の流れ

医療脱毛は医療行為のため病院などの医療機関でのみ行われる脱毛施術で、サロンの脱毛とは違い強いレーザーを当てるため永久脱毛の効果が高く、短期間で施術が終了する脱毛です。 昔の医療脱毛の場合は強い痛みを伴う場合が多く、痛みを嫌った方は痛みの少ないサロン脱毛を選びがちでしたが、最近は痛みの少ない脱毛機器を導入している病院も増加し、痛みが我慢できない場合は安全な麻酔を使用して施術を行う病院も多くなったため痛みを全く感じる事無く施術ができるため人気になっています。 医療脱毛に力を入れている病院も増え、サロン脱毛と比べても若干値段が高い程度になり、キャンペーンやお得なプランを用意している病院も増加しています。

皮膚疾患のある方には強い味方

医療脱毛は医師や看護師の監督のもとに行われる脱毛のため、安全性が高くアトピーなどの皮膚疾患を持つ方でも脱毛する事ができるというメリットがあります。 医療脱毛は皮膚科や形成外科、美容外科など多くの診療科が行っていますが、皮膚疾患のある方は皮膚科の医療脱毛が安全で、皮膚科の医師が脱毛前に皮膚の状態を確認し問題なければ施術を行い、施術後も異常がないか確認し皮膚に異常が起こらない様に処方薬も処方してくれるため安心感があります。 病院で行われる施術ですが美容目的のため健康保険は適用されませんが、医師の診断のもと効果の高い脱毛ができるため人気で、サロン脱毛よりも永久脱毛効果が高いため値段が高くてもコストパフォーマンスの良い脱毛です。